タイル調外壁材(サイディング)の塗替について

最近の住宅の一つの特徴としてタイル調の外壁材が多く見られます。経年経過して塗替えの状況を見ますと殆どの場合、1色で塗りつぶしされているようです。新築当時のイメージのタイル状態が消去されてしまいます。では、新築当時のタイル調を維持するためにはどうしたらよいでしょうか。
表面粉化状況(手に粉が付く状態)で、まだ当初の色が残っている場合は修復可能です。
要は、「いたみ」があまりひどくならないうちに手入れをすることです。表面が白く変色している場合は、濡れタオル等で拭いてみてください。元の色が確認できれば修復可能です。 一度ご相談下さい。

写真は、施主様の要望で現状維持の仕上げです。シリコーンクリヤー2回塗りで甦りました。

                                          
         塗替えは「無料概算見積問合せ」よりお気軽にお問合せ下さい。